Shishou Engineering Blog

Aim for Full Stack Engineer.

VagrantでApacheを使う

最近はWebサーバーとしてNGINXを使うことが多いですが、

たまにApacheを使うこともあるのでVagrant上で環境構築した際のTipsを書いておきます。

(OSはUbuntu16.04、Apache2.4系の場合です)

 

■Vagrantの共有ディレクトリをドキュメントルートとリンク

標準だと/vagrant/が共有ディレクトリになっていますが、下記のようにして/var/www/とリンクすると、

ドキュメントルート上のファイルをホストPCで編集することが出来るのでちょっと便利です。

cd /var/www/
sudo rm -rf html/ ※初期ディレクトリがある場合
sudo ln -s /vagrant/html html

 

■Apacheの実行ユーザーを変更

 Apacheの実行ユーザーは/etc/apache2/envvarsにある環境変数を参照しているのですが、

これを変更するだけだと完全には実行ユーザーが変わってくれないようです。

export APACHE_RUN_USER=vagrant
export APACHE_RUN_GROUP=vagrant 

 上記設定に加えて、下記のように実行時に使用するフォルダの権限も変えれば実行ユーザーを変更できます。

sudo apache2ctl stop
sudo chown -R vagrant:vagrant /var/run/apache2/
sudo chown -R vagrant:vagrant /var/log/apache2/
sudo -u vagrant apache2ctl start ※起動時にもユーザーを指定

 また、rootユーザー出ない場合は80ポートが使用できないため、下記のファイルに書かれたポート番号も任意のものに変更します。

/etc/apache2/sites-available/000-default.conf
/etc/apache2/ports.conf

  

私がApacheを使っていたのは2.2系が現役の頃なので、2.4系の操作にはなかなか慣れないですね・・。

2017-09-19 12:49:55


About
@hiroki8080

京都在住のフリーランスエンジニアです。

ITやIoT, 自作のCMS開発に関することを書いていきます。


主なスキル

Python, Java, C#

AWS, Unity

アプリケーション、フレームワーク、

ライブラリの設計、開発

お仕事のご依頼について

お仕事のご相談・ご依頼などありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

e-mail:hiroki-m@gaia.eonet.ne.jp